tomorrow / 演奏:まることかみで アルバム「まなのうた」より

2012年05月12日

アコーディオン改造

先月、アコーディオン職人の安田さんが緊急入院されました。
一時はほんとうに大変な状態でしたが、
みんなの願いが通じたのか今は無事復帰されています。

まだまだ必要とされている人なので、
いつまでも元気でいてもらいたいです。

そんな安田さん、休む暇もなく、
今日も山ほどのアコーディオンに囲まれておられました。



今日お伺いしたのは、
ちびアコに新たにもう一つマイクを内部に仕込んでもらうためと、
高級健康ドリンク、モナビーを持って行くためです。



免疫力を高める成分がふんだんに入っているらしいです。
安田さん、2本目は自分で買ってね...。


今日は肌寒いのでハルちゃんは洋服着てます。
さてさて、練習練習〜♪ 

 

posted by kamide at 17:31| 楽器・機材 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月01日

アコーディオンの機内持ち込み

 飛行機に乗るとき、楽器を預けずに機内持ち込みするのが一番良いのではありますが、機内には持ち込み制限というのがありまして、アコーディオンの場合はこの持ち込み制限ギリギリの微妙なサイズなのです。

 3月にオースティンにモリノくんを連れて行くのに、機内持ち込みをどうするか考えました。調べてみると、機内持ち込み可能サイズは3辺の合計が115cmで、通常の大型ソフトケースはどう考えても無理です。モリノくんは、48+24+39cmで111cm(またまた、ぞろ目だ!)なので、むき出しで持って行けば大丈夫というわけですな。

 しかしそういうわけにはまいりませんので、カホンのケースに入れてみました。ボディは収まるのですが右手ボタン部分がはみ出してしまうので、そこにタオルなどで覆うということも出来ますが、そうすると現地での持ち運びが何とも心許ないです。

 そこで、楽器のソフトケースを特注でつくってくれるところに連絡してみましたところ、在庫でクラリネットを3個収納する特注ケースがありますがいかがですか、というご返事をいただきました。試しにメーカーさんにあるアコを収納した写真も送っていただきました。


 コチラのサイズも明記したところ収納可能とのことでした。ただ問題なのが、リュックではなくショルダータイプということです。16キロ弱あるモリノくんを、ショルダータイプのバッグで私の体力は大丈夫なのか...という心配はありますが。まぁ、ちょっとした距離ならリュックタイプでもいつも肩掛けで移動しているので心配ないとは思うのですが...

 さて、このバッグですが、実はクラリネット奏者の方が特注でつくられたそうですが、お色違いということ(赤を頼まれたそうですが、黒が来たそうです)で、再度作り直してこちらは在庫で残っていたらしいです。だもんですから、とても安くしていただいています。確かに外側ー黒、内側ー白というお洒落自慢の私には何とも野暮ったいカラーリングですが、このお値段(秘密です。普通のアコのソフトケースよりも安いです)は魅力的です。何よりも管楽器のソフトケースをつくっているメーカーなので、内側の仕上げは通常のアコケースの比ではありません。



 色よりも***
 機能性重視だ***
 でも、内側は赤にして欲しかった***
 オーソドックスに黒とかでも***
 白だと布団みたいだ***
 いや、モリノくんを入れるとまた見栄えが変わるかも***

 とりあえず、送ってもらうことにしました。

 この続きは後日...ということで。


 モリノくん 安田さんの工房にて
 
posted by kamide at 00:29| Comment(4) | 楽器・機材 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月06日

もり〜のくん、帰還

もり〜のくん帰還です。
さすが、安田さんです。

きっちり1週間で、あのひどい状態をきれいに直して下さいました。 

これ以外にも、ベルトが蛇腹に当たって
いずれ危険な状態になるであろう部分も、
ベルト位置とベルトそのものを改良をしていただきました。
こっちの方が怖いので、早く気がついていよかったです。


スッキリ美しくなった蛇腹。


これで、安心して演奏できます。
安田さん!ありがと〜 (^ニ^)


安田さんの魔法の手です。バンドネオン修復中。
 

posted by kamide at 00:00| Comment(2) | 楽器・機材 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。